ぐらんぶる

 

 漫画の紹介となるとこれまでの裏モットーであった「多少賢そうな文章を書けるようになるための訓練」からやや外れてしまうのですが、あんまり笑った漫画なので紹介します。

結論から言うと、成人してから読んだ漫画で一番腹筋に来ました。

 

あらすじはこうです。

大学進学を期に叔父の家へ居候することになった北原伊織(♂)が、叔父の経営するダイビングショップ「grand blue」に案内されたところ、進学先のダイビングサークルが開催する地獄のような飲み会に巻き込まれたところから始まります。

地獄のような、とはこの場合、筋骨隆々の男たちが9割5分裸の状態で野球拳を行いつつ、度数の高い酒をばらまいている状況です。

バラ色の大学生活を夢見ていた伊織は残念なことに鮮烈な大学デビューを飾ることとなります。全裸で飲み会したり、従姉妹と交流したり、全裸で飲み会したり、稀にダイビングの練習をしながら、一般的なクズ学生としての道を進んでいきます。

 

とまあこれだけ書くとどこが腹筋に来るのかサッパリ分からないことと思います。

この漫画の腹筋ポイントは、ページ捲り後の顔芸にあります。

上記Amazonの表紙では綺麗な女性をメインに据えていかにも楽しげな大学サークルの飲み会といった風ですが、これを1枚めくると全裸の男が酒を浴びているシーンが隠れています。

そして、これが重要ですが、顔つきが超兄貴アドン・サムソンとかその方向です。

「!?」が入った瞬間のGTO小山田教頭テイストも時折見られます。

涼風を彷彿とさせる美麗イラストと超兄貴とのギャップ、それに至るまでの流れが本作品のキモと言えるでしょう。

 

1か所だけ、訴えられなさそうな範囲で内容を参照します。

女子大での学祭に入れるチケットを巡って、血で血を洗う醜い争いを繰り広げる伊織達馬鹿4名を見かねて、従姉から「友達と喧嘩なんて良くないよ!」という制止が入ります。

それに対する彼らの返答は「そうだ、確かに友人とはそういうものだ」「ありがとう、おかげで目が覚めた」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「じゃあ今から友達やめるぞ」

「短い付き合いだったなクソ野郎ども」

 

という般若の表情でのバトルロイヤルでした。(般若は女性ですが)

 

終始このノリで進んでいくので、アホな男のテンションが苦手だと辛いものがあるかと思われます。

が、刺さる人の感性には深く突き刺さって忘れられない作品になるのではないかとも感じています。

とりあえずお試し版か、電子版で一冊買ってみてはおいかが?

「最悪」の医療の歴史

 

「最悪」の医療の歴史

「最悪」の医療の歴史

 

 

古くはバビロニアから、新しきは中世にかけて、医療という名目で何が行われてきたのかを拾い集めたエピソード集です。

今の常識からすると「何故そんなことを…」と突っ込みたくなる事例が満載ですが、当時の人々は大真面目だったものと思われます。

後半、17世紀くらいまで近くなってもまだ凄まじい案件が出てくると、「これは当時の主流じゃ無かったんだよな…?」という祈りにも似た気持ちが湧いてきます。

以下にいくつか紹介します。

 

バビロニアでは、病は患者のこれまでの行いが悪霊や呪いといった形で表れるものと考えられており、医者とシャーマンはほとんど同義であった。治療法は呪文を唱えたり薬草を混ぜる他、豚の糞を首に巻いたりヒト頭蓋骨にキスをするといったものがあった。

 

古代ギリシアでは痔と精神の関係があると思われており、特に失恋や鬱病の治療を目的として痔の切開が行われていた。やり方は押さえつけて熱した鉄片で焼く。

 

古代ローマでは歯痛に対してネズミの死骸を口に突っ込んだり、カバの歯をこすりつけたりしていた。

 

・七世紀頃、恋の病を治療するために、男の口に愛する女性の経血を含んだ布きれを押し込んだ。

 

瀉血ルネッサンス期頃には最高の医療の一つと認識されており、イングランド王チャールズ2世は1040ccの血液を抜かれ、熱した鉄棒で突かれたり鳩の糞を塗られるなどして数日後死亡。

 

・16世紀頃のドイツなどでは、ヒトの死体を用いて薬にすることは最先端であり、死体の需要は高かった。真っ先に新鮮な死体に触れられる死刑執行人は人気が高く、国家資格として試験も課されていた。また、処刑や解剖はショーとしての側面も強く、観客の集まりはすこぶる良かった。

 

 

読んでいて中々ゾッとする本です。

よくぞ現在の水準まで進歩したなと思いました。

今の医療は個人レベルの医師の経験ではなく、より広い視野で症例を集め、統計的に有効かそうでないかを判断するEBM(Evidence Based Medicine)に根ざしていますから、なかなかこれらに匹敵する代物がまかり通ることは無い、はず。

 

ちなみに読んでいて一番笑ったのはこちらです。

 

・武器軟膏

17世紀、決闘などで生じた武器による外傷に用いられたもの。

原材料は絞首刑に処されて間もない泥棒の頭蓋骨に生えた苔。

これを、「傷を作った武器」に塗る。勘違いしてはいけない。傷に塗るのではない。武器に塗る。

 

読んでて「何でそっちやねん」て吹き出しました。事実は小説より奇なりとはよくぞ言ったものです。こんなもの、現代人の想像の域を超えています。

ちなみにこの話には続きがありまして、「お前が斬った敵を助けるために武器を貸してくれ!」と持ちかけるのは図々しいし無理があると考えた当時の医者は、「木製のレプリカでも良かろう」と妥協したそうです。

どっとおはらい。

 

人類、案外馬鹿なんだなと疲れた笑いが欲しい時においかが?

ルワンダ中央銀行総裁日記

 

ルワンダ中央銀行総裁日記 (中公新書)

ルワンダ中央銀行総裁日記 (中公新書)

 

 

Twitterでオススメされ、しばらく積んでいた本。

 

 日銀を経て国際通貨基金に勤めていた著者の服部氏が、アフリカはルワンダ中央銀行総裁として赴任した1960年代について綴った一冊です。

日本で暮らしており、経済の素養がほぼ皆無な私のような人間にとって、中央銀行とは「金利の数字を0近く(悲しい)で微調整している大きな銀行」という程度の認識ですが、それは日本の経済が(ルワンダに比べれば)まともに回っている証左なのかもしれません。

 

著者赴任時点でのルワンダの経済状況たるや、ちょっと想像しがたいものがあります。

政府の総資産のうち、半分は回収不能な債権です。それは資産なのか?と訊きたくなります。

国内消費目的でなく、外貨獲得のための主要産業はコーヒー豆ですが、内陸国の悲哀として海が遠く、1800kmの陸路輸送コストがかかるハンデを抱えており、それでいてコーヒー豆は世界的に供給過多で値は低く、今後の値下がりも懸念されます。

政府が発行する国債の利率について明確な決まりはなく、その時々の気分によって1ポイント以上増減します。

ベルギーの植民地から独立した関係で、国内にはベルギー系を中心に外国企業がありますが、彼らは元宗主国や本国の存在感を利用して税率などの点で特権的な地位を築いています。

 

さあこの状況からルワンダの財政を建て直しましょう!

まずは総裁お抱えの運転手がお釣りを誤魔化すところからです!

職員は日中お喋りに興じ、専ら派閥争いが好きなようです!

こちら今日の日報ですので目を通しておくとよいでしょう、日付は1週間前ですが!

ちなみに中央銀行の副総裁は辞意を表明しておりますぞ!

 

 

 

端的に言って、想像の埒外でした。

この惨状を相手に著者が固めた心意気を引用させていただきます。

”なるほど中央銀行の現状は想像を絶するくらい悪い。しかしこれは逆に見れば、これ以上悪くなることは不可能であるということではないか。そうすると私がなにをやってもそれは必ず改善になるはずである。”

骨太の精神力から成される各種の金融政策については、逐一文字数を割いて狙いと理由が説明されており、読み応えも十分です。経済の知識があった方が深いところまで理解できたかもしれませんが、理系の私が多少読み飛ばしても楽しめました。

 

本書の前半分以上は施行した金融政策に費やされており、その成果については終盤に準備段階に比べて半分程度の頁数しかありません。

逆にその構成が、丹念に敷き詰められた計画が一気に転がり出す爽快感にも繋がっています。

特に、見開きで示されている経済収支の推移表については、わずか五年で貿易総額が3倍になっている事実に瞠目せざるをえません。

 

服部氏は言わずもがな日本人ですが、ルワンダのためを最優先としてあらゆる困難を解決していきます。

ただ経済を発展させるためだけでなく、その繁栄が持続し、かつルワンダ人自身の手によってなされるように心を砕く様は現地の人々も、読者の心も打ちます。

 

全体的に淡々と進んでいく本書ですが、読み終えるとコツコツ仕事することの偉大さに触れることが出来ます。

仕事熱心ではないけれど、適度なモチベーションも足りない時などにおいかが?

【ロマサガ2】やる夫が水銀燈に帝位を継承させるようです

gnusoku.blog41.fc2.com

ロマサガ全然知らないんですが、面白くて一気読みしました。

ようこそ夜のない世界へ。

 

あまり文学のなんたるかは知らないのですが、やっぱり登場人物の心理をどれだけ必要十分に描写するかという点は大事だと思います。

その点、本作品では各人物の抱える譲れない信念とそれに付随する思惑、行動、それらのすれ違いや対立が描かれていて、「あー、そうなっちゃうかー…」てな気持ちでずっと読んでおりました。

 

FFのラスボスというと古くは皇帝がお決まりでしたが、あの人間離れした強さの背景に伝承法とか考えると少し楽しくなれますね。

 

やる夫系としては中程度の長さと思いますので、お時間ある時においかが?